(公財)奉仕会/秋季慰霊祭


令和2年度千鳥ヶ淵戦没者墓苑秋季慰霊祭(令和2.10.19)

        
     

   御拝礼される秋篠宮皇嗣同妃両殿下

10月19日(月)、秋雨の降る中「令和二年度千鳥ヶ淵戦没者墓苑秋季慰霊祭」が、厳粛かつ盛大に執り行われた。六角堂には秋篠宮皇嗣同妃両殿下ご下賜の大花籠が飾られ、その両側には内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、各省大臣、各都道府県知事からの生花が並べられた。
 
式典では、秋篠宮皇嗣同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、内閣総理大臣(代理)をはじめ、
戦没者のご遺族や戦友会関係者、厚生労働大臣(代理)等の閣僚、政党党首、自衛隊の高官等、内外の多数の関係者が参列した。戦後75年の節目にあたり、先の大戦で亡くなられ、現在の平和の礎となられた全戦没者に対して感謝と哀悼の誠が捧げられた。
 式典は午後1時に開始され、国家吹奏の後、表千家流の小野弘子氏による献茶の儀が行われた。次に、祭主である津島奉仕会会長が式辞を述べ、全戦没者に対して心からなる感謝と哀悼の誠を捧げた。次いで、吉永龍奏氏(篳篥稲葉明徳氏)により昭和天皇の御製を、また、吉野一心氏(尺八安藤一感氏)により上皇陛下御製がそれぞれ吟詠され、続いて音羽ゆりかご会による「海ゆかば」等唱歌奉唱による奉納行事が行われた。
 その後、菅内閣総理大臣の「追悼の辞」(木原内閣補佐官が代読)の紹介があり、引き続き、参列者一同が起立するなか、秋篠宮皇嗣同妃両殿下が墓前に進まれ、全戦没者に対してご拝礼、ご黙祷を捧げられた。続いて陸上、海上、航空の各自衛隊が一体化した統合部隊による拝礼が行われた。例年と異なり、各自衛隊一個分隊(十名)からなる統合小隊編成とし、陸上自衛隊から第一普通科連隊(練馬)、海上自衛隊から横須賀地方隊(横須賀)及び東京音楽隊、航空自衛隊から航空気象群等(府中)が参列した。
 最後に、祭主、総理大臣代理、都府県各遺族会、戦友会、参列の来賓等が献花して、式典は午後二時、滞りなく終了した。

  ご臨場される秋篠宮皇嗣同妃両殿下
     式辞・津島雄二奉仕会会長

追悼の辞・総理大臣(代読木原総理大臣補佐官)

    献茶の儀に向かう小野弘子先生)

    昭和天皇御製奉誦(吉永先生・稲葉先生)

   上皇陛下御製奉誦(吉野先生・安藤先生)

      唱歌斉唱・音羽ゆりかご会

雨の中整列した陸・海・空自衛隊統合による拝礼部隊

       拝礼に向かう統合部隊

        統合部隊による拝礼
                献花・各県遺族代表
    一般参列者の方々による献花


 動画  令和2年度千鳥ヶ淵戦没者墓苑秋季慰霊祭


     
 秋季慰霊祭等に関するご質問、又は参列ご希望等は
               奉仕会 TEL 03−3261−6700 にご連絡 下さい。  

 


トップペ−ジへ 戻る   次へ