国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑

所在地 東京都千代田区三番町 2



                                                                                                    
 千鳥ケ淵戦没者墓苑は、昭和34年(1959年)国によって建設され、戦没者のご遺骨を埋葬してある墓苑です。先の大東亜戦争では、広範な地域で苛烈な戦闘が展開されました。この戦争に際し、海外の戦場 において、多くの方々が戦没されました。戦後、戦友等によりご遺骨が日本に持ち帰られ、又昭和28年より海外の遺骨収集が開始されました。この墓苑は日本に持ち帰られたご遺骨において、お名前のわからかない戦没者のご遺骨が 納骨室に納めてある「無名戦没者の墓」であるとともに、この墓苑は先の大戦で亡くなられた全戦没者の慰霊追悼のための聖苑であります。
 現在、37万69柱(令和元年5月27日現在)のご遺骨がこの墓苑に奉安されております

                                    (ご遺骨は軍人・軍属・一般邦人を含む)

                                        

さざれ石
我が君は 千代に八千代に さざれ石の
巌となりて 苔のむすまで 「古今和歌集・巻7」




墓苑の開苑について
政府による緊急事態宣言の解除により、5月27日より墓苑は開苑致します。
なお、参拝者への感染防止の観点から「新しい生活様式」に則りご参拝頂くこととなります。
若干ご不便をお掛けすることになりますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


 千鳥ヶ淵戦没者墓苑創建六十周年記念秋季慰霊祭
   令和元年十月十八日(金)、秋篠宮皇嗣同妃両殿下をお迎えして、
千鳥ヶ淵戦没者墓苑創建六十周年記念秋季慰霊祭が、厳粛かつ盛大に
執り行われました。
   今年は墓苑創建六十周年ということで、天皇陛下御製奉誦に合わせて、
舞踊・舞を奉納いたしました。左の写真は、昭和天皇御製奉誦の際、
舞踊を行う稲葉明徳氏
   毎年恒例の、音羽ゆりかご会による童謡・唱歌奉唱です。
今年は、「海ゆかば」「里の秋」「みかんの花咲く丘」の三曲が
奉納されました。
   自衛隊の代表部隊による拝礼も、慰霊祭には欠かせない奉納行事です。
写真は、陸上自衛隊練馬駐屯地に所在する第一普通科連隊の隊員による
拝礼の様子です。
 慰霊祭の詳細は、(公財)奉仕会・秋季慰霊祭をクリックしてください


  参 拝 者 休 憩 所 に サ イ ネ ー ジ 広報シ ス テ ム を 新 設
 
 この度、奉仕会は、墓苑創建六十周年を機に、参拝者の皆様にご利用いただいている「休憩所」に、環境省千鳥ヶ淵戦没者墓苑管理事務所の
ご協力をいただき、「デジタルサイネージ広報システム」を新設いたしました。これは五十型のTV液晶モニター画面に、動画や写真を映しだし、
参拝者の皆様に墓苑の説明や慰霊祭の動画、その他の多様な情報を提供するもので、多くの皆様に墓苑並びに戦没者慰霊の理解に役立てて
いただければと考えております。休憩所で常時放映しておりますので、来苑の際は是非ご覧下さい。

現在配信中のプログラム:令和元年度「拝礼式」(令和元年五月二十七日)
                  令和元年度「秋季慰霊祭」(令和元年十月十八日)


 墓苑におけるイベント情報
春の奉仕茶会の開催を中止いたします!
6月21日(日)に予定されていた春の奉仕茶会を中止いたします
今日に至ってもなお拡大を続けている新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、参加者の
健康と安全、および感染拡大防止を最優先に考え、中止する判断にいたりましたことを、
どうぞご理解いただききますようお願い申し上げます。

墓苑の四季彩
千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、武蔵野の緑の樹木を主体に、単純で余計なものを置かないという設計の考え方で造園されています。
従って花木は少ないのですが、その中でも四季を通じ色彩を楽しむことができます。
墓苑に咲く草木や、そこに集う小動物をご紹介いたします。

   
   
   

1段目左: ナデシコが満開となりました。昨年9月にボランティアの皆さんが植えてくださった六角花壇のナデシコが百花繚乱となりました。     ナデシコは湿気に弱いので梅雨入り前に刈り取る予定です。臨時閉苑中で参拝者にこの華やかさを楽しんでいただけないのが残念     なところです。
1段目右:
ヒメウツギが開花しました。 「卯の花」はウツギの古称で、卯月(四月)に咲く花の意味です。ヒメウツギは少し遅くて、5月     に開花します。豆腐の搾りかすを「卯の花」と呼ぶのはその白さをウツギの花に例えたものです。
段目左:カラタネオガタマが開花 しました。花自体に派手さはありませんが、その甘い芳香は近づく人を魅了します。台湾の女性たちはこ     の花を髪に挿したり、茶葉の中に入れたりして香りを楽しむといいます。
2段目右:
ハクチョウゲが開花 しました。 ハクチョウゲの寿命は短く、10年ほどで樹勢が衰え落葉して枯死してしまいます。昨年冬はほと         んどの葉を落とし、いよいよ終わるかに見えた。しかし、無事に春には新芽を吹き、花を咲かせたので一安心です。
3段目左:
ベニバナエゴノキが開花 しました。 別名ピンクチャイム。もともとは秩父の山中で発見されたエゴノキの赤い変異種を園芸用に      育種したものです。
3段目右:
ヒメウラナミジャノメが開花しました。 羽の目玉紋様が蛇の目を思わせることからジャノメと呼ばれるようになりました。さほ      ど希少でもなく日本全国で見られる蝶ですが、都市部では減少傾向にあるようです。

 戦没者墓苑が休苑となっております。皆様には、写真で現在咲いています墓苑の植物を楽しんでいただきます。

                                       (五月十八日記)






(公財)千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会
電 話 03−3261−6700
FAX  03−3261−6712

   

 ・ 内外高官等の千鳥ヶ淵戦没者墓苑参拝
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑の慰霊奉賛行事
     厚生労働省 拝礼式 ・ 遺骨引渡式
      (公財)奉仕会 ・ 秋季慰霊祭
      各慰霊奉賛団体主催の慰霊行事
      春・秋の茶会
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑の四季
 ・  墓苑献花台の生花
 ・ 千鳥ヶ淵戦没者墓苑月間行事予定

 
・ 千鳥ヶ淵戦没者墓苑年間主要慰霊行事予定
 ・ 大東亜戦争時の海外戦没者と遺骨収容     千鳥ヶ淵戦没者墓苑納骨一覧表
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑の沿革
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑の施設等
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑周辺の今昔
 ・ 千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝するには

                                                                                         

  (公財)千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会
 奉仕会会長年頭のご挨拶            
 ・千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会について
 参拝して想う(休憩所のノートより)   


 ・奉仕会入会及びご寄付等のお願い 

     03−3261−6700
           (FAX 03ー3261−6712) 
     E-mail c-houshikai@boen.or.jp                                   

 ・会員ご夫妻によるアッツ島慰霊巡拝  
        
      動画;アッツ島慰霊巡拝